ウオークマン

SONY TCS-90

写真はクリックすると拡大して見ることができます。
SONY_TCS-90 写真1
これはウオークマンと呼んではいけないかもしれませんがポータブルカセットとして高機能、高性能で記憶に残りました。
スピーカー、マイク、再生速度可変、オートリバース機能付きです。
SONY_TCS-90 写真2
昨年はTCM-80も修理しましたがほとんど一緒ですね。
SONY_TCS-90 写真3
ガム電池の他に単4電池2本で使用できます。
外部電源1.5V入力もあって長時間の会議などでも使用できる設計です。
送られてきたときは、いつも道り、モーター音はするが何も動きません。
SONY_TCS-90 写真4
中を開けるとゴムベルトが見当たりません。
嫌な予感がしました。
ベルトが固着していると、基板を外さないといけないからです。
SONY_TCS-90 写真5
あーあ、やっぱり、モータープーリーにベルトが絡まって、溶解して固着しております。
この段階でオーナーさまに連絡して、修理代2,000円アップの承認を得る必要があります。
SONY_TCS-90 写真6
無事、承認を得られましたので基板を外します。
これは一部半田を吸取らないといけません。
半田は付けるより外す方が高度なテクニックを要求されます。
モータープーリーに真っ黒なゴムがべっとりとくっついてます。
これが黄色だったら、「ちびくろサンボ」のバターになったトラを思い出します。
SONY_TCS-90 写真7
全てのプーリーをアルコールを漬けた綿棒で綺麗に拭き取ります。
基板外しとこのクリーニングと更に基板取り付けで一時間は多くかかり綿棒も20本ほど使用します。
決して2,000円アップは不当な要求ではありません。
SONY_TCS-90 写真8
SONYの純正ベルトを取り付けます。
もうSONYでは手に入りません。
私は、何故か在庫を持っております。
このキャプスタンプーリーが真鍮製なのは高性能です。
最新の語学用ウォークマンは樹脂で出来ております。
SONY_TCS-90 写真9
さて、全ての修理作業は終わりですが、モーターのスピード調整のため裏ブタはまだ取り付けられません。
SONY_TCS-90 写真10 10
ちょっと散らかってますが、検査はパソコン机で行います。
このコーナーも全て手作りです。
私は大工もやります。
SONY_TCS-90 写真11 11
速度調整ボリュームを真ん中のニュートラル位置にして測定。
テストテープは3KHzです。
3656Hzとは20%ほど早くなっております。
SONY_TCS-90 写真12 12
機器内部の調整ボリュームでぴったり3000Hzに合わせます。
このTSC-90や80は調整しやすいです。
酷い物だとなかなか合いませんし、同じくSONYのWM-FX1と言う機種は一度合わせてもどんどんその場で遅くなり調整できません、2台やってそうでしたからFX1は修理受付しておりません。
SONY_TCS-90 写真13 13
本体横に「テープスピード」ボリュームがあります。
語学用に必要なのでしょうね。
最小と最大がどれくらいなのか測定します。
SONY_TCS-90 写真14 14
最小2554Hzです。
85%で15%遅くなりました。
SONY_TCS-90 写真15 15
最大3937Hzです。
131%で31%早くなりました。
-15~+31%で均等では無いようです。
SONY_TCS-90 写真16 16
フォワード方向のアジマスチェックです。
問題ありません。
SONY_TCS-90 写真17 17
リバース方向のアジマスチェックです。
ヘッド固定の4トラックヘッドです。
フォワードで問題が無いのだから問題があるはずがありません。
もし、あったらヘッド自体歪んでおります。
SONY_TCS-90 写真18 18
ついでですからリバース方向の速度チェックです。
ズレていてもリバースのみの調整は出来ないので、悪くてもあきらめてもらうしかありません。
しかし、この機種は優秀です。
ピッタリ3000Hzです。

ウオークマンはSONY以外を含め100台ほど修理しましたが、私のお勧めはこの機種です。
プロフェッショナルは勿論良いのですが、DDシリーズはギアが割れて使い物になりません。
D6Cは割れるギアは使っていないのですが、大きすぎます。
ページのトップへ戻る
短期売買の株取引